since 2005/12   produced by ファイナンシャルプランナー試験合格講座

ファイナンシャルプランナー試験合格講座

2級FP技能検定

2級FP技能検定はある一定以上のFPの知識、技術を持つことを公証する国家検定資格です。
2級FP技能検定に合格することで、「2級ファイナンシャルプランニング技能士」の資格を独占的に名乗ることができます。

当サイトの注目記事はこちら!
【独学者必見】私が実際に試した、無料で今年の試験出題ポイントを探る方法

2級FP技能検定の受験資格

  • 学科、実技試験
    1. 3技能検定の合格者
    2. FP業務に関し2年以上の実務経験を有するもの
    3. 日本FP協会が認定するAFP認定研修を修了したもの
    4. 厚生労働省認定金融渉外技能審査3級の合格者

2級FP技能検定の受験料

学科
 
4200円
実技
個人資産相談業務
4500円
資産設計提案業務
中小事業主資産相談業務
生保顧客資産相談業務
損保顧客資産相談業務

2級FP技能検定の公式テキスト&問題集

2級FP技能検定の実施概要

学科試験
出題形式
筆記試験(マークシート方式)
四答択一式 60問
持込み品
筆記用具
(HB以上の濃い鉛筆、消しゴム)
計算器具
(下記の各条件に該当するものに限る)
  1. 電源内蔵のもの
  2. 演算機能のみを有するもの
    • √、%、定数計算、消費税に係る税込・税抜の計算機能については可
    • 関数計算機能〔(シグマ)、log等〕、ローン計算機能、紙に記録する機能、音〔タッチ音、音階、音声等〕を発する機能、プログラム(計算式)の入力(登録)機能等を有するものは不可
  3. 数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの
  4. 外形寸法がおおむね26cm×18cmの大きさを超えないもの
合格基準
60点満点で36点以上
試験範囲
  1. ライフプランニングと資金計画
    1. ファイナンシャルプランニングと倫理
    2. ファイナンシャルプランニングと関連法規
    3. ライフプランニングの考え方・手法
    4. 社会保険
    5. 公的年金
    6. 企業年金・個人年金等
    7. 年金と税金
    8. ライフプラン策定上の資金計画
    9. 中小法人の資金計画
    10. ローンとカード
    11. ライフプランニングと資金計画の最新の動向
  2. リスク管理
    1. リスクマネジメント
    2. 保険制度全般
    3. 生命保険
    4. 損害保険
    5. 第三分野の保険
    6. リスク管理と保険
    7. リスク管理の最新の動向
  3. 金融資産運用
    1. マーケット環境の理解
    2. 預貯金・金融類似商品等
    3. 投資信託
    4. 債券投資
    5. 株式投資
    6. 外貨建商品
    7. 保険商品
    8. 金融派生商品
    9. ポートフォリオ運用
    10. 金融商品と税金
    11. セーフティネット
    12. 関連法規
    13. 金融資産運用の最新の動向
  4. タックスプランニング
    1. わが国の税制
    2. 所得税の仕組み
    3. 各種所得の内容
    4. 損益通算
    5. 所得控除
    6. 税額控除
    7. 定率減税
    8. 所得税の申告と納付
    9. 個人住民税
    10. 個人事業税
    11. 法人税
    12. 法人住民税
    13. 法人事業税
    14. 消費税
    15. 会社、役員間および会社間の税務
    16. 決算書と法人税申告書
    17. 諸外国の税制度
    18. タックスプランニングの最新の動向
  5. 不動産
    1. 不動産の見方
    2. 不動産の取引
    3. 不動産に関する法令上の規制
    4. 不動産の取得・保有に係る税金
    5. 不動産の譲渡に係る税金
    6. 不動産の賃貸
    7. 不動産の有効活用
    8. 不動産の証券化
    9. 不動産の最新の動向
  6. 相続・事業承継
    1. 贈与と法律
    2. 贈与と税金
    3. 相続と法律
    4. 相続と税金
    5. 相続財産の評価(不動産以外)
    6. 相続財産の評価(不動産)
    7. 不動産の相続対策
    8. 相続と保険の活用
    9. 事業承継対策
    10. 事業と経営
    11. 相続・事業承継の最新の動向

実技試験
出題形式
筆記試験(記述式)
事例形式5問
持込み品
筆記用具
(HB以上の濃い鉛筆、消しゴム)
計算器具
(下記の各条件に該当するものに限る)
  1. 電源内蔵のもの
  2. 演算機能のみを有するもの
    • √、%、定数計算、消費税に係る税込・税抜の計算機能については可
    • 関数計算機能〔(シグマ)、log等〕、ローン計算機能、紙に記録する機能、音〔タッチ音、音階、音声等〕を発する機能、プログラム(計算式)の入力(登録)機能等を有するものは不可
  3. 数値を表示する部分がおおむね水平で、文字表示領域が1行であるもの
  4. 外形寸法がおおむね26cm×18cmの大きさを超えないもの
合格基準
50点満点で30点以上
試験範囲
個人資産相談業務
  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
  2. 顧客のニーズおよび問題点の把握
  3. 問題解決策の検討・分析
  4. 顧客の立場に立った相談
資産設計提案業務
  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
  2. ファイナンシャルプランニングのプロセス
  3. 顧客のファイナンス状況の分析と評価
  4. プランの検討・作成と提示
中小事業主資産相談業務
  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
  2. 中小事業主のニーズ及び問題点の把握
  3. 問題の解決策の検討・分析
  4. 顧客の立場に立った相談
生保顧客資産相談業務
  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
  2. 生保顧客のニーズ及び問題点の把握
  3. 問題解決策の検討・分析
  4. 顧客の立場に立った相談
損保顧客資産相談業務
  1. 関連業法との関係及び職業上の倫理を踏まえたファイナンシャルプランニング
  2. 損保顧客のニーズ及び問題点の把握
  3. 問題解決策の検討・分析
  4. 顧客の立場に立った相談

Copyright (C) ファイナンシャルプランナー試験合格講座 All rights reserved.        お問い合わせはコチラ