since 2005/12   produced by ファイナンシャルプランナー試験合格講座

ファイナンシャルプランナー試験合格講座

ファイナンシャルプランナーの活躍の場

ファイナンシャルプランナーの活躍の場は、年々増えてきています。
というのも、ファイナンシャルプランナーの持つ知識は、低金利時代が長く続き将来に不安を抱えている方の多い今の時代にこそ役立つものだからです。
貯金だけではなく、効率的な資産運用をプランニングするファイナンシャルプランナーが活躍するべきときは、まさに今なのです!

当サイトの注目記事はこちら!
【独学者必見】私が実際に試した、無料で今年の試験出題ポイントを探る方法

ファイナンシャルプランナー試験に合格後の活躍の場

ファイナンシャルプランナー試験に合格しFP技能検定やAFP、CFPを取得すると、そこには多くのファイナンシャルプランナーの活躍の場が広がっています。

ファイナンシャルプランナーには金融、、保険、不動産、税金、年金、人生設計、社会保険、ローン、 投資、相続、などなど・・・たくさんの知識が必要となります。

逆に言えば、その知識に関係する分野では、必ずファイナンシャルプランナーが必要とされているといえるのです。

金融関係

金融分野では昔からファイナンシャルプランナーの業務が行われていました。銀行といえばお金を貸す機関ですね。その借金の返済計画を立てるうえでファイナンシャルプランニングが必要とされていたのです。

他にも金融商品をお客様に販売するためにも、資産運用の計画や、その商品のメリットとリスクを説明するためにも、ファイナンシャルプランナーの知識が必要となるのです。

不動産関係

不動産の購入はお客様にとっても人生で最も高価な買い物といってもよいでしょう。そのため、多くの場合は住宅ローンなどを組まれることが一般的です。

そのため、不動産会社からローンの返済計画を提示することで、お客様としても不動産の購入に踏み切りやすくなるのです。

そして、そのローン返済計画を立てるのは、もちろんファイナンシャルプランナーの役目です。不動産関係においてもファイナンシャルプランナーは貴重な存在であるといえるでしょう。

一般企業

一般企業においても、ファイナンシャルプランナーの知識は重要な扱いを受けます。接客の際にはお客様に幅広い面からのアドバイスを行うことができますし、社会保障や雇用、労務などの法律的な知識は会社の運営自体にも役立てることができるのです。

特に高齢化社会を迎える今からの時代では、社員の年金制度などでのアドバイスを行うことができ、会社に無くてはならない存在ともいえるかもしれません。

以上のように、幅広い範囲で活躍できるファイナンシャルプランナーのFP技能検定は、取って おいて絶対に損をしない資格だといえます。

 
Copyright (C) ファイナンシャルプランナー試験合格講座 All rights reserved.        お問い合わせはコチラ